ワークライフバランス

両立支援

当社では、早くから仕事と家庭の両立支援に取り組んでおり、2001年度に厚生労働省から「ファミリーフレンド企業表彰」を受賞しました。また、2008年度には、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、仕事と育児の両立支援に積極的に取り組む企業として認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。さらに、2011年、2013年、2015年と、通算4度取得をしており、4度目の認定は県内初となります。

■両立を支援するいよてつ髙島屋の主な制度

産前・産後休暇
産前で最長56日、産後56日の休暇
妊娠障害休暇
悪阻(つわり)が重い時に利用。14日まで取得可能(有給)
育児休職
最長でこどもが2歳まで取得可能
育児勤務
育児のため、こどもが小学校3年生修了まで短時間勤務が可能
子のための看護休暇
年間10日まで取得可能。1時間単位での分割取得もOK

現在では、女性だけでなく男性社員の育児参加についても積極的な支援を促進しています。配偶者の分娩休暇を利用してわが子の誕生の際に休みを取得する男性社員、また、育児休職を取得する男性社員も少しずつですが出始めました。

働き方の見直しによる生産性の向上

部署ごとに仕事の進め方を一つ一つ見直し、より効率的に業務を進められるよう取り組んでいます。週に2回、月曜日と木曜日を「ノー残業デー」とし、特別な理由がない限りこの日は定時に退出します。従業員からは、家庭や趣味に費やす時間が増えたなどの声が挙がっています。

その他の制度

近年、取得者が増えているのが、介護休職や介護勤務(介護のための短時間勤務)、介護休暇。介護のために仕事を辞めてしまうのではなく、こういった制度を利用しながらできる範囲で介護と仕事の両立が可能です。この他、「ボランティア休暇制度」や「裁判員休暇制度」なども導入しています。