サービス・ほか


ご進物Q&A


冠婚葬祭や贈答の疑問にズバリお応えいたします。お祝い事や、お悔やみ事は、突然やってきます。そんな時の、マナーやスマートな対応の仕方、心配りの仕方を目的別に分かりやすく解説しました。いよてつ髙島屋は、心と心のつながりを大切にしながら、作法と礼にかなうご進物を お届けするお手伝いをいたします。


Q. 会社でお世話になった上司が退職されるのですが、のし紙はどのようにしたら良いでしょうか。
A. 表書きは、新たな出発を祝い成功を祈る気持ちと、惜別の気持ちを同時に表す「御餞別」でよろしいでしょう。特にお世話になった方が御定年で退職なさるのでしたら、「御祝」でもかまいません。水引は紅白の蝶結びを用います。

Q. 御餞別をもらいました。お返しはどのようにしたら良いでしょうか。
A. お引越しや転勤、退職などで御餞別をいただく機会も増えるシーズンですが、お返しをされるのであれば「御礼」とします。品物は石鹸や洗剤など、どのご家庭でも使われる物や、会社のグループでいただいたような場合には、皆さんで分けていただけるようなお菓子などにされてはどうでしょうか。

Q. 引越しをすることになりました。
お別れするご近所の方たちと新たにご近所になる方たちにはどういった進物をしたら良いでしょうか。
A. お世話になった感謝の気持ちを込めて、お別れする方たちには「御礼」とします。もしくは紅白の蝶結びの無地のしをかけて、ご挨拶に行かれた時に御礼を述べられてもよろしいかと思います。引越しをする先の方たちには、これからお世話になりますという気持ちで「ご挨拶」とされたら良いでしょう。品物はタオルや石鹸などの500円から1,000円くらいのものが良く出ています。

Q. お返しをしたいのですが、のし紙は何を使えばいいですか?
A. 一般的に「内祝」のおのしを使いますが、そのお返しの内容によってのし紙の水引の形が違ってきます。主だった物で、お見舞いのお返しであれば「紅白5本結び切り」、出産の内祝であれば「紅白5本蝶結び」、ご結婚の内祝であれば「紅白10本結び切り」などがあります。

Q. お返しの予算はだいたいどのくらいでしょうか?
A. お祝い事であれば半分、不幸ごとであれば3分の1ぐらいがだいたいの目安です。

Q. お返しにはどんなものを選べば良いでしょうか?
A. 昔から言われている品は、お見舞いのお返しであれば「洗い流す」意味から石けんや洗剤が良くつかわれています。現在では広く消耗品(後に残らない)と捉えて、コーヒーやお茶などの食品もおすすめです。新築の内祝であれば、家を大きな器と考えて、器もの(お鍋や花瓶、食器など)をお返しに使う場合もあります。最近では先様がお好きな物を選んで頂けるという利点のある、カタログギフトや商品券でのお返しもずいぶん多くなっています。

Q. ご不幸があったことをずいぶん日がたってから知ったのですがその場合どうしたらいいでしょうか?
A. まったく予測がつかないことですので、どれだけ遅くなっても「御霊前」として金品を送られたので差し支えありません。その際に「まったく存じ上げずに失礼いたしました」といった意味の一筆をそえられてはいかがでしょうか?

Q. 忌明けも済んで、ずいぶん日がたってからいただいた香典のお返しはどうしたらいいでしょうか?
A. 忌明け後1ヶ月くらいであれば、「満中陰志(仏式の場合)」としてお返しをされたのでいいでしょう。何ヶ月も経っているのであれば、「志」でされたら良いと思います。

Q. 年内にご不幸のあった方へ「お歳暮」を贈るのは差し控えるべきでしょうか?
A. 「お歳暮」はこの一年間にお世話になった方へのお礼の気持ちですから、ご不幸事とは切り離して考えます。ただし、まだ忌明けを迎えられていないような場合には少し時期をずらして「寒中御見舞」としてお届けされたらよろしいかと思います。当方・先方のいずれが喪中であってもお歳暮を贈られても差し支えありません。ただ、四十九日を過ぎていない場合や先方が気落ちしているようなら、時期をずらして「寒中見舞」として贈る気配りも忘れずに。

しきたり・のし書き

目的別に、送る時期としきたり、贈る時、お返しをする時の分かりやすく水引と表書きを一覧表にして解説。
「こんな時どうしたらいいの?」という疑問も、これを見れば一発解決!




いよてつ髙島屋
〒790-8587愛媛県松山市湊町5丁目1番地1
TEL:089-948-2111(代表)